なんとなく。
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
チラ裏雑記
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | Edit |
[20051204]
三国志大戦の「カードゲーム性」としてメタゲームが存在することが挙げられる。騎兵、槍兵、弓兵の三すくみが代表的事例であり、神速は麻痺矢に強く、麻痺矢は蜀槍に強く、蜀槍は神速に強いといったメタの他にも、許チョイクはオールラウンドだが開幕落城にやや弱く、開幕落城は悲哀に強い、しかし悲哀と許チョイクは大体五分、などといった関係が存在すると思う。
メタゲームに勝利するには現状の流行デッキを知る必要がある。現在の流行を武将カードランキングから考えてみた。

1:SR馬超
2:楽進
3:R太史慈
4:R郭嘉
5:呉夫人
6:周泰
7:UC典韋
8:R黄忠
9:SR張遼
10:R荀

ついにSR馬超が1位に。楽進、太史慈は単色以外にも多く見るが呉バラがほとんどと思われる呉夫人が5位。魏バラ、ノイデッキなどに入る典韋、郭嘉ともに高順位。また、黄忠はほぼ蜀単に含まれる。張遼は神速デッキ、魏4以外にもスペックの高さを活かした魏バラに入る。荀はまあベスト10入りは妥当。

11:SRホウ徳
12:R孫策
13:虞翻
14:SR劉備(新)
15:SRホウ統
16:R許チョ
17:張松
18:R馬超
19:SR劉備(旧)
20:Rホウ統
21:SR賈ク
22:呂範
23:程
24:張梁
25:UC張飛
26:程普
27:R孫堅
28:姜維
29:R徐庶
30:R周瑜(旧)

11位以下は以上の通り。蜀勢が多い。19位のSR劉備は蜀単が前提なので、蜀の使用率があがっていることの証明にもなる。呉はコスト2に選択の余地が多く、全体的にはあまり使用率は高くない。魏は一部のカード以外の使用率が低い。遂にベスト30からもR夏侯惇が姿を消したことからも、許チョイクとその亜種、魏4、神速が魏のほとんどではないかと考えられる。西涼と袁はランク外。西涼はノイデッキや、蜀単、槍が増えた(SR孫堅、呉国太、カンタクなど)呉バラに対して不利であり、さらに火計などのダメ計に対しての耐性が低いためであり、武将選択肢が少ない袁と共に早くも新たなカード追加が望まれる。
以上を踏まえ、現状使われてるデッキは蜀単>呉バラ>神速>許チョイクであると予測できる。(あくまでも妄想)
蜀単の騎兵はSR馬超、R馬超、張松、徐庶、弓兵はR黄忠、槍兵は劉備×2、ホウ統×2、姜維、UC張飛である。黄忠の順位が高いことから、4枚だと槍2、弓1、馬1の構成が多いと思われる。5枚だとに槍2、馬2、弓1もしくは槍3、馬1、弓1であろう。
呉バラは新カード追加後も基本的にはコスト2×3+コスト1×2が基本である。コスト1は呂範orグホン+呉夫人が一般的か。残りには周泰が必ず含まれ、残りは騎兵+弓兵か騎兵+騎兵である。よって槍1、馬1、弓3、もしくは槍1、馬2、弓2の形であるが、蜀単が多いことを考えると前者の方が多くなっていきそうである。
スポンサーサイト

2005-12-04(Sun) 22:41 三国志大戦 | Trackback(0) | Comment(1) | Edit |
HOME
copyright © 2005 ゆーい all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
Search in this blog

Recent Entry

Recent Comment

Recent Trackback

Friends

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。