なんとなく。
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
チラ裏雑記
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | Edit |
[20060104]
&氏から「蜀単は何故強いと言われ出したか」という問いが出たので自分なりに考えてみた。

重要ポイント
・許チョイク台頭による妨害&ダメ計の2,3択というメタ
・張梁、甄皇后、陳羣弱体化による悲哀デッキの減少にともなう高武力にする必然性の消滅
・張梁弱体化による開幕乙デッキの減少にともなう高武力にする必然性の消滅
・R孫堅弱体化による麻痺矢天啓デッキの減少
この4点が大きいんじゃないかと。

個人的なポイント
・新カードで増加した超絶強化武将に対応出来る白銀の獅子
・西涼軍に対する圧倒的な兵種的有利と計略的有利(連環)
・呉の騎兵、槍兵の増加に伴う弓兵の減少

天啓には連環がメタだったんだけど弓天啓にはホウ統が射殺される危険が大きかった。
結論としては張松やR、SRホウ統、ゲッキなどを複数枚つんで武力を下げてもなんとかなる環境になってるってことだろう。
麻痺矢やってたときにはある程度蜀単がカモれたし、麻痺矢の時代か!純正神速とはめっきり当たらなくなった気がするし。でも挑発だけは勘弁な。
スポンサーサイト

2006-01-04(Wed) 23:26 三国志大戦 | Trackback(0) | Comment(0) | Edit |
HOME
copyright © 2005 ゆーい all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
Search in this blog

Recent Entry

Recent Comment

Recent Trackback

Friends

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。