なんとなく。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
チラ裏雑記
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | Edit |
[20051125]
麻痺矢マウントのために弓兵を一列に並べると、どうしてもR荀が動かしづらい。反計できなきゃ壊滅することも多々あるので、どうにかして精度を上げてかないと。

今日は現在使用中の曹仁入り麻痺矢デッキの最大の天敵と言っても過言ではない西涼単R鄒賈クデッキと当たってしまった。
以前友人と店内対戦をしたときに賈クなしのR鄒入りデッキと戦ったのだが、向こうは騎兵ばっかな上に、堕落舞されると麻痺矢も天衣無縫も火計も使えなくなるという状況に陥るため、デッキ相性は最悪であった。
今日当たったのはSR董卓、R鄒、R張遼、SR呂姫、R賈クというなんとも豪華なデッキ。そして神速戦法で堕落中の鄒を殺せたとしても、こっちの士気は1なので即虚誘掩殺の計で壊滅するという最悪のデッキ。
どうやっても堕落を反計しなきゃならないと思ったので、序盤は呂蒙、曹仁、虞翻を駆使して伏兵を掘りにいく。曹仁が賈クを踏んで死ぬものの、鄒が見つからず、押し込まれて荀を殺されてしまう。すると城内から鄒が出てきて堕落。伏兵じゃなかったのか……
こっちはやっと全軍復活したものの、士気最大値は5。できることは神速戦法のみ。柵は壊されていたので、弓兵を並べても突撃喰らうだけだと思って相手が城に張り付くのを待つ。
すると董卓、張遼、呂姫が張り付き、その後ろで賈クがうろうろというマウント状態。すかさず全軍出し、賈クが突撃に来た横を曹仁がすり抜けて鄒の元へ。ここで賈クが追ってきたが連環法を叩き、曹仁で鄒を撃破。すると武力勝ってることもあり、虞翻独りの犠牲で敵を追い払うことに成功したため、そのままマウントに行き、最終的には復活した虞翻で3回ほど城壁を叩いて勝利。
どうやっても勝てないデッキだと思ってたので嬉しい勝利であった。

今日の戦績:3勝1敗
スポンサーサイト

2005-11-25(Fri) 23:15 三国志大戦 | Trackback(0) | Comment(0) | Edit |

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://claus.blog38.fc2.com/tb.php/3-2e03f067
HOME
copyright © 2005 ゆーい all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
Search in this blog

Recent Entry

Recent Comment

Recent Trackback

Friends

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。