なんとなく。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
チラ裏雑記
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | Edit |
[20051126]
初プレイは4月中旬。スターターは呉(UC甘寧、潘璋、蒋欽、曹彰)であった。
チュートリアルでUC司馬懿を引いたのでこれを入れてデッキを組んでみる。しばらくCPUと対戦してるとR郭嘉を引き(初レア)、司馬懿に変えて投入。最終的にはUC夏侯淵、程普、丁奉、郭嘉、陳武という、なかなかに微妙なデッキでやっていた。勝ちパターンは後方指揮からのゴリ押し。この頃は雲散や玄妙反計など皆無であり、さらに強力カードが揃ってる人も少なかったため、このデッキでも全然なんとかなった。しばらくして当時猛威を振るっていた張松を引き、張松、UC黄忠、UC張飛、王平、馬岱などでやるもなかなか勝てない。そんな折、SR呂布と司馬徽を手に入れ、当時流行していたデッキの一つ、黄布デッキがメインとなる。このデッキで3品まであがることが出来た。
平行して使っていたのは神速デッキ。しかし、あまりにもカード資産が少なかったため、SR張遼、UC夏侯淵、劉曄、于禁、牛金というショボイデッキであった。

6月にバージョンが上がり、弓兵が強化され、麻痺矢デッキが流行したため、歩兵だらけの黄布は廃れていく。その頃ようやくR孫堅、R孫策を手に入れ、呉単などを組むも、麻痺矢デッキに勝てない日々が続いたため、R荀を使ってみることにする。
そこで作ったデッキがR許チョ、R夏侯惇、SR張遼、R荀のコントロールデッキ。このデッキ、反計しないと話にならない弱さなので、反計の練習にはもってこいであった。このデッキでサブカードも3品まで上げるも、なかなかその上に行けなかった。これは、自分の性格的に飽きっぽいため、同じデッキを使い続けることをせず、デッキの熟練度が上がらない、ということが理由の一つだろう。
さらに天啓デッキや開幕乙デッキが流行しだし、麻痺矢デッキが廃れてきた頃にSR呂蒙を手に入れ、麻痺矢デッキを始める。麻痺矢デッキに関しては先日書いた通り。
またしばらくして、カード資産が整ってきたため、純正神速や蜀単、呉バラなど色々手を出してるうちに、ver1.1を迎える。

ver1.1では最初はダブルライダー(SR馬超、SR趙雲、R姜維、Rホウ統)を中心にやっていたが、早いうちにR小喬を引き、呉バラ(R孫堅、R孫策、周泰、呂範、R小喬)でやっているうちに遂に2品に昇格。3品昇格から4ヶ月目のことであった。
2品に留まるために使っていたのが張春華入り神速(SR張遼、R郭嘉、SRホウ徳、楽進、張春華)。消沈が恐ろしい強さであったが、ノイデッキ、蜀槍デッキがだんだんと増えてきたため、どうしようもなく使用を断念。1品まで武勇100くらいのとこであった。
そこで何気なく使ったダブルライダーで遂に1品へ。現在は自分にあったデッキを模索中である。
スポンサーサイト

2005-11-26(Sat) 22:02 三国志大戦 | Trackback(0) | Comment(0) | Edit |

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://claus.blog38.fc2.com/tb.php/5-4702f01e
HOME
copyright © 2005 ゆーい all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
Search in this blog

Recent Entry

Recent Comment

Recent Trackback

Friends

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。